2013年01月01日

圧縮ファイルを常駐スキャン対象にする方法

 Avira AntiVirの常駐監視機能は、デフォルトで圧縮ファイル(ZIPファイル、LZH/LHAファイル、RARファイルなど)がスキャンの対象になってません。(手動スキャンの場合は対象)

 これは圧縮ファイルの解凍処理の影響で、パソコンのパフォーマンスが低下してしまうのを避けるためです。

 ウイルスは圧縮ファイルの中にパックされてる状態では活動しようがありません。解凍する段階でウイルススキャンされるので別に問題ないですが、圧縮ファイルの状態でもスキャン対象に切り替える方法です。

(1) Avira AntiVirを起動して、メニューの[その他]→[設定]を選択
(2) 左上にある[エキスパートモード]にチェックマークを入れる
(3) 左側のツリーの[Guard]→[スキャン]を選択し、右側の「アーカイブ」で[アーカイブのスキャン]にチェックマークを入れる

 設定画面がエキスパートモードでない場合は
(1) Avira AntiVirを起動して、メニューの[その他]→[設定]を選択
(2) 左側のツリーの[Guard]→[スキャン]→[アーカイブ]を選択し、右側の[アーカイブのスキャン]にチェックマークを入れる
posted by . at 00:00 | Comment(1) | Avira AntiVir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
('仄')パイパイ
Posted by ('仄')パイパイ at 2014年07月16日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。