2013年01月01日

無料版と有償版の違い

 ウイルス対策ソフトAvira AntiVirには3タイプ用意されとります。
・Avira AntiVir Personal <無料版>
・Avira AntiVir Premium
・Avira AntiVir Premium Security Suite

 この違いは、基本的に”対応機能”のみです。いちおうユーザーサポートの有無なんかもありますが、ウイルス定義ファイルはまったく同じものが使われるので、ウイルス検出率という部分に違いはないです。

 Avira AntiVirはウイルス・スパイウェア・アドウェアなど、広義のウイルス全般の検出や駆除に対応してます。

☆ 具体的な機能の違い
 Premium(プレミアム)は、無料版にインターネット保護とEメールスキャンを追加したものです。
 インターネット保護は具体的には、Aviraの公式サイトに掲載されてる「WebGuard (悪意ある Web サイト対策)」と「AntiDrive-by (ネット サーフィン中のマルウェア ダウンロードを停止)」です。
 
 これを実現するために用意されてる機能は下のようなものです。
・データ転送中のウイルススキャン (無料版は転送後のウイルススキャン)
・転送データのファイルタイプ別の遮断指定
・ブラックリスト形式のURLフィルタリング
・HTMLの怪しいインラインフレームタグの無効化

 無料版はこれらの機能がないので、マルウェアに感染してしまうのかというとそうではなく、ちゃんと対策を行っておけば問題ありません。
・URLフィルタリング機能はブラウザのIE(7以降)、Firefoxなどが実装済み
・ウイルスの発動を回避させるため、有名ソフトウェアにある脆弱性の解消を必ず行う

 Premium Security Suite(プレミアム・セキュリティスイート)は、Premiumにファイアウォール、迷惑メール対策、バックアップ、ゲームモード、ペアレンタルコントロールを追加したものです。
posted by . at 00:00 | Comment(0) | Avira AntiVir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。