2013年01月01日

ウイルス隔離の保存場所

 ウイルスを検出した際に、「隔離」を選択した場合の保存場所です。

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Avira\AntiVir Desktop\INFECTED

 ファイルの拡張子は「*.qua」です。隔離されると、ファイルはAvira AntiVir独自の暗号化が施されます。内部的にはオリジナルと別モノになってるので、他のウイルススキャンでそのファイルをチェックしたとしてもウイルスとは検出されません。

 削除するとハードディスクから消去されますが、隔離の場合は単に退避する形なのでファイルを復旧することが可能です。誤検出だった場合でも安心です。

 隔離部屋の管理は、Avira AntiVirのメイン画面の左メニュー[管理]→[隔離]から可能です。
posted by . at 00:00 | Comment(0) | Avira AntiVir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。