2013年01月01日

設定 [Gurad]-[スキャン]

 Aviraの常駐監視機能の設定です。エキスパートモードにチェックマークなしの場合は、2つのオプションがあります。

[1] スキャンモード
 リアルタイムでのスキャンを行うタイミングの設定です。読み取り時、書き込み時、両方の3択になります。
 読み取り時はファイルが読み込まれる時や実行される段階、書き込み時はファイルが出力される段階です。
 デフォルトの設定では両方になってます。よくウイルス検出時に複数回の警告ウィンドウが出る時はこの影響です。

[2] ファイル
 どのファイルをスキャンするかの設定です。
 動作パフォーマンス上では「すべてのファイル」<「スマートなファイルタイプ判別」<「ファイル拡張子リスト」です。
 スマートな判別はファイルのヘッダー(先頭部分)を読み込んでファイルの種類を判別した後にスキャンするか判定します。拡張子リストはファイル名に付いてる拡張子文字列(〜.xxx)を単に見てスキャンするか判定します。
posted by . at 00:00 | Comment(0) | Avira AntiVir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。