2013年01月01日

偽セキュリティソフトが勝手にインストールされた!

 偽セキュリティソフト・偽ウイルス対策ソフトの被害報告をよく見かけます。多くがいつの間にやら勝手にインストールされた、というものです。どのタイミングで感染したのかわからない。別に変な怪しいサイトも訪問してない。

fake-security-tool.jpg



 ほとんどの感染原因は、ココに書き出してある対策をしてないためです。この対策をやらないで放置してると、ユーザーの意思関係なく外部の人間が不正なプログラムを裏で強制的に起動させることができます。セキュリティソフトはこの対策をユーザーに代わってやりません。

 偽セキュリティソフト・偽ウイルス対策ソフトの感染の場合は、目に見えて症状が分かりますが、ひっそりと騒がずに活動するウイルスを発動させられたら・・・。実際にそういうウイルスに感染したまま気づかずに、パソコン内の情報(メールアドレス、パスワード)が抜き取られる、迷惑メールを配信するゾンビマシンに成り下がる例も・・・。

もう通用しない『怪しい危険なサイトを避けろ!』
 検索エンジンにヒットしてる普通のホームページが攻撃者に乗っ取られハッキングされてる場合もあります。有名な企業が運営してるホームページを経由して、ウイルスがばら撒かれてしまう時代です。
posted by . at 00:00 | Comment(0) | ウイルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。