2013年01月01日

USBメモリ経由のウイルス感染対策

 USBメモリを経由したウイルス感染被害が話題になってます。具体的には、USBメモリのAutoRun(オートラン)という機能です。これはパソコンにUSBメモリを接続すると、内部の指示通りに特定ファイルを自動的に起動してくれるものですが、ウイルスの発動手段としても悪用されてしまってます。

 USBメモリを単にパソコンに指しただけでウイルス感染状態となるわけです。実際にこのUSBメモリの感染手段を持ったウイルスが蔓延上位ランキングにたくさんリストアップされてしまってます。人間によるUSBメモリの持ち運びがウイルスの媒介手段となってるのも特徴です。

* 自分が管理してないパソコンや不特定多数の人が使うパソコンに(なるべく)USBメモリを接続しない
* 素性の分からないUSBメモリを(なるべく)パソコンに接続しない

◆ オートラン機能の無効化
 感染被害を減らす対策は、オートラン機能を無効化してしまうことです。これはWindows XPとWindows Vistaで行う必要があります。Windows 7については、ウイルス被害を受け最初から機能は無効化されてます。マイクロソフトが無効化するパッチを配布してるので、ダウンロードしてきて適用します。

[2011年追記...]
 「Windows Update」経由で無効化パッチが配信されるようになりました。 o(^^)o
USB経由のマルウェア感染に対する予防策 - Autorun の更新プログラム (971029) 《Microsoft TechNet Blogs》
USB自動実行をオフにしよう : サイバー護身術 《読売新聞》
posted by . at 00:00 | Comment(0) | ウイルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトウェアを更新しないといつの間にか勝手に強制ウイルス感染

 ウイルスは、導入してるウイルス対策ソフト・アンチウイルスソフト・セキュリティソフトがすべて何とかしてくれる。・・・そんな風に思ってませんか?

 有名ソフトウェアの旧バージョンに存在する脆弱性(ぜいじゃくせい)を悪用したウイルス感染攻撃が今流行ってます。下の項目の中で1つでも欠けてるWindowsパソコンは、自動的にウイルス感染被害にあってしまう恐れがある超危険な状態です。ウイルス対策ソフト・アンチウイルスソフト・セキュリティソフトはこれらの対処をユーザーに代わっていっさいやってくれません。

(1) Windows Update(Microsoft Update)の自動更新を有効にする
(2) Adobe Readerを最新版に更新する
(3) Adobe Flash Playerを最新版に更新する
(4) Oracle Java(JRE)を最新版に更新する

◆補足
・2〜5番のソフトウェアは導入した覚えがなくても、パソコンを購入した時点であらかじめ導入されてる場合がよくあります。これらはすべて無料(フリーソフト)でダウンロードでき、更新にもお金はいっさいかかりません。

・2番は設定でJavaScript機能を無効にしておくことをおすすめします。ウイルス感染処理として悪用されてるためです。「Adobe Reader」を起動して、メニューの[編集]→[環境設定]で、左側のリストから「JavaScript」を選択し、右側の[Acrobat JavaScriptを使用]のチェックマークを外します。ここは初期設定で有効になってます。
タグ:Flash
posted by . at 00:00 | Comment(0) | ウイルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月31日

Flash Playerのバージョンが古いとウイルス感染しやすい!? 【危険な落とし穴】

Adobe Flash Player 公式ページ − フラッシュ動画の再生でおなじみですがウイルス攻撃手段としての悪用も
YouTubeなどの動画サイトで映像を見るために必須のプラグインがAdobe Flash Player(フラッシュプレーヤー)です。家電量販店などで販売されてる一般的なメーカー製Windowsパソコンには、最初からAdobe Flash Playerが導入されていることが多いんですが、この影響でウイルス感染被害に巻き込まれる確率が実はアップします。ただ、それはAdobe Flash Playerのバージョンが古い場合に限られます。ちゃんと最新バージョンを導入してあれば、ウイルス攻撃の手段として悪用される不具合が解消されてるので心配無用です。
  • インターネット上の特定ページを単に閲覧しただけで強制的にウイルスが起動し感染する
    特定ページはハッキング被害を受けてる個人・企業運営の一般サイトである場合あり
Adobe Flash Playerはフリーソフト(無料)で、更新もお金はかかりません。マイクロソフトが開発したものではないので、Windows Updateではまったく最新バージョンにはならないのでご注意を。

Adobe Flash Player 公式ページ
Adobe Flash Player バージョン確認ページ

タグ:Flash
posted by . at 15:00 | Comment(1) | ウイルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする