2013年01月01日

更新時の広告ウィンドウの無効化

 Avira AntiVirの無料版には、ウイルス定義ファイル更新時に有償版を宣伝する大きめな広告ウィンドウが表示されます。有償版との差別化目的のためです。

 広告ウィンドウは単にOKボタンや×ボタンを押せばすぐに閉じることが可能です。

 いちおう表示させないよう強制的に無効にする方法はあるにはありますが、ライセンス的に問題となる可能性があります。「avnotify.exe」が広告を表示するプログラムです。
posted by . at 00:00 | Comment(0) | Avira AntiVir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウイルス隔離の保存場所

 ウイルスを検出した際に、「隔離」を選択した場合の保存場所です。

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Avira\AntiVir Desktop\INFECTED

 ファイルの拡張子は「*.qua」です。隔離されると、ファイルはAvira AntiVir独自の暗号化が施されます。内部的にはオリジナルと別モノになってるので、他のウイルススキャンでそのファイルをチェックしたとしてもウイルスとは検出されません。

 削除するとハードディスクから消去されますが、隔離の場合は単に退避する形なのでファイルを復旧することが可能です。誤検出だった場合でも安心です。

 隔離部屋の管理は、Avira AntiVirのメイン画面の左メニュー[管理]→[隔離]から可能です。
posted by . at 00:00 | Comment(0) | Avira AntiVir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウイルス定義ファイルの手動アップデート更新

 Aviraのアップデートサーバーの混雑でウイルス定義ファイル(シグネチャファイル)を更新できない場合や、ネットに接続されてない環境なら、定義ファイルをダウンロードして手動更新(マニュアルアップデート)しましょう。

(1) Avira社のコチラのページにアクセス
(2) 「VDF更新のダウンロード (複数の VDF 更新)」をクリックしてデスクトップなどにダウンロード (ファイル名は「vdf_fusebundle.zip」で、ZIPファイルは解凍してはダメ)
(3) Avira AntiVirを起動して、メニューの[更新]→[手動による更新]をクリック
(4) ファイル選択ダイアログが開くので定義ファイルを選択
(5) 更新処理が始まるので待機 (途中でWindowsセキュリティセンターが警告を出す場合がありますが、常駐監視機能を一時的に無効にするため)
(6) 更新処理が終了したら、デスクトップの定義ファイルは削除してOK
posted by . at 00:00 | Comment(0) | Avira AntiVir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする